ニキビ治療について

ニキビも思春期にできるのは当たり前のことですから、さほど気にしなくてもほとんどの場合は気がつくといつの間にか消えているものですが、これが大人ニキビとまるとそうはいきません。それは思春期のニキビができる原因と大人ニキビができる原因が根本的に異なるからです。したがって、大人ニキビはそのままにしておいて自然に消えるものでは無く、逆に悪い方向に進んでしまいますから、そうなると病院の皮膚科で診察を受けて治療をしなければならなくなります。

皮膚科での大人ニキビ治療は、問診で様々なことを訊かれますが、これはそのニキビができた原因を探り、特定するためと、それによる最善の治療法を決めるためです。ですから、皮膚科での診察では正直に自分の生活スタイルなどに関する事実を医師に告げることが大切になります。

毎日のように脂質の食事をし、青物を摂らないのに、それを隠したりすると医師の正確な原因判断を狂わせることになってしまいます。また、診察を受けたあとでの薬の投与などでは、例えそれが面倒でもきちんと医師の指示通りにすることが大切で、自分勝手な判断をしないことが肝要です。人は誰でも面倒なことは嫌なものですから、何かと手抜きをしたがるものですが、大人ニキビをきちんと治療しようと思うのであれば面倒なことも医師の指示通りに実行すべきです。

当サイトでは、一般的な皮膚科での大人ニキビ治療について述べることにしますが、どのような皮膚科でも基本的な治療法に差はありませんから、ニキビ治療の際の心得としてお役に立ててください。